保険治療と自費の違い

保険外治療について

保険治療と自費の違いは、まず 「治療費」 です。
保険治療の場合には保険証を医療機関に提示することで、
治療費の支払いが3割で済み、残りは保険者が支払ってくれます。
(一部負担金の割合は、年齢や所得により異なります)

また保険治療の場合には、
国によってあらかじめ治療法ごとの治療費が決められているため、
同じ治療内容であればどこの歯科医院に行っても
ほぼ同じ治療費で治療が受けられます。

一方、保険外治療の治療費は、歯科医院によって非常に大きな差があります。
保険治療を行う場合の3倍~数十倍程度かかる場合もあります。

料金のちがい

 保険適用料金自費料金(組合員料金)
かぶせ

硬質レジン前装冠

  • 中身は金属で外から見える部分は
    レジンが張り付けられている物
  • 保険の前歯を作る場合に行う
  • 価格が安いが年数が経ってくると
    着色、摩耗が起きてくる
  • 価格は3割負担で約7,500円
    (形成、型取り~セット)

金属冠

  • 全体が金属でできているもの
  • 臼歯部を作る場合に行う
  • 価格は安いが、金属色が見える
  • 価格は3割負担で約5,000円
    (形成、型取り~セット)

メタルボンド

  • 中身は金属で外から見える部分
    は陶器を焼きつけた物
  • 強度に優れ変色、摩耗がない

ジルコニア

  • 金属を使用しない為、
    金属アレルギーの心配がない
  • 光の透過性が高い
  • 強度に優れており耐久性が高い